銭田治療院 はり、きゅう(鍼・灸)・マッサージ

NEWS

自立支援リハビリテーション研究会第4回講演会 開催のご報告 | 株式会社ゼニタ

平成30年1月18日(水)19時より、
自立支援リハビリテーション研究会第4回講演会が、
銭田治療院千種駅前(株式会社ゼニタ)で開催されました。

自立支援リハビリテーション研究会第4回

まず、講師として
細江 浩典 先生
(名古屋第二赤十字病院 医療技術部リハビリテーション課 医療技術部技術師長、日本赤十字リハビリテーション協会長)
をお招きし、
『急性期施設におけるリハビリテーションと利用者の自立支援を目的とした在宅サービスとの連携について』
というテーマでご講演いただきました。

自立支援リハビリテーション研究会第4回_細江浩典先生

⇒(細江 浩典 先生)

 

参加者からは、普段では知りえない「急性期リハビリテーション」について、とてもわかりやすく興味深いお話で、大好評でした。
細江 浩典 先生、誠にありがとうございました。

講演会の参加者は28名でした。
職種の内訳は、医師1名、介護支援専門員4名、鍼灸師4人、鍼灸マッサージ師3名、マッサージ師1名、理学療法士9名、作業療法士1名、看護師3名、薬剤師1名、介護予防運動指導員1名、言語聴覚士1名、ピラティスインストラクター1名でした。

自立支援リハビリテーション研究会第4回集合写真

 

その後、新年会も兼ねて懇親会を開催しました。
参加者は、18名でした。
皆さん、今年4月にある診療報酬の改定のことや各職種の仕事内容、臨床現場でのことや職場環境など、職種の壁を越え、積極的にコミュニケーションをとり、前のめりで聞いていらっしゃいました。大変盛り上がりました。